twitterでシェアする facebookでシェアする google plus でシェアする

毎年3月初旬に神奈川県・横浜で開催されている「ジャパンインターナショナルボートショー」は2017年で56回を数える国内最大規模のマリンレジャーショーです。パシフィコ横浜会場では屋内展示、横浜ベイサイドマリーナ会場ではマリーナの立地を生かしたフローティング展示で、各社のニューモデル、人気モデルが一堂にそろうので、まずはボートショーから始めるのがお奨めです。4月に入ると全国各地で地域ボートショーが開催されますので、お見逃しなく。

ジャパンインターナショナル ボートショー2017年のリポート
2017年公式サイトはこちら

2017年3月2日(木)から5日(日)まで4日間にわたって開催された今回のボートショーは『海・心満たされる時間・・・』をテーマに、218社・団体が出展、2017年ニューモデルなど多種多様なボート、ヨット、水上オートバイ、スモールボート、カヤック等213隻、マリンエンジン92基の展示・販売を中心に、ボート免許やマリーナ等マリンレジャーの最新情報を集約した総合マリンレジャーショーです。

ステージでは、単独無寄港無補給世界一周ヨットレースにアジアから初参戦した白石康次郎氏のトークショーやボートフィッシングのセミナー等の多彩なプログラムでマリンレジャーの楽しさをアピール。ボートメーカー5社と釣りガールによる「これが私のボートフィッシング」、ミスワールド2016審査員特別賞受賞者たちが『私にとっての海・心満たされる時間』をテーマにしたライフスタイルトークショーを実施しました。

定番となった「PWCワールド」、「プレミアム・マリンライフスタイル」、「オリンピック・パラリンピック応援プロジェクト」と新たにセーリング・ビレッジを加えた主催者企画の充実、「マリーナカフェ」、「シーサイドカフェ」といった取組も注目を集めていました。

またプレミアムコーナー、セレクトショップではボートや水辺で過ごす時間をより豊かにしてくれるファッション、クルマ、時計、酒類等こだわりの厳選ブランドをそろえアピールしました。

横浜ベイサイドマリーナ会場では、全長30フィート以上の中大型艇50隻を係留展示。ボート免許教習艇を用いた体験操船等4つのプログラムを実施し、述べ218名が参加。女性限定の『春らんまん。マリーナ・ピクニッククルーズ』では、さまざまなデザインのボートがずらりと並ぶ壮観な眺めと、実際にステアリングをとってボートを操船し、初めて体験を楽しんでいました。
ボートショーに合わせて“マリンライフスタイルコレクション”を開催した三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドでは、買い物や観光に訪れた方々が中庭に展示された水上オートバイに乗って写真を撮ったり、春本番の陽気のもと、身近なマリンレジャーを実感していました。

ジャパン インターナショナルボートショー2017 フォトギャラリー

▼ クリックすると大きな画像をご覧いただけます

  • パシフィコ横浜会場
  • 出展各社によるご来場者のおもてなし
  • 3月3日は5時からライブステージを
  • フラとタヒチアンダンス
  • PWCワールドでのファッションショー
  • セーリング競技五輪選手による実技も
  • 釣りのトークショー
  • 高級ワインやカメラのコーナーも設けたセレクトショップ
  • 大人の雰囲気漂うプレミアムコーナー
  • 海洋冒険家の白石康次郎さんと釣りの石崎理絵さん
  • キッズコーナー
  • 新設のマリーナカフェ
  • メーカー5社と釣りガールによるプレゼンテーション
  • 3月2日開会式
  • ボート、ヨット50隻が展示された横浜ベイサイドマリーナ会場
  • 春本番の陽気にマリン気分満点
  • 陸上でのテントブース
  • セーリング体験
  • ボートによる東京湾航海講座
  • 女性限定の春らんまん。ピクニッククルーズ
  • セーリング体験
  • ボートによる東京湾航海講座
  • 女性限定の春らんまん。ピクニッククルーズ

来年もボートショー会場でお会いしましょう!

2018年のボートショーは2018年3月8日(木)開催予定です。

homeへ